上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更感たっぷりですが南米西岸交易ネタ

メイン交易品はリマのトゥンバガ(工芸品)とトゥンベスのインカローズ(宝石)
運河使うのもええですが、総影響度高い国だと20分とかかかってしまうのと南米の速度上昇率がええので人によっては自走の方が速かったり(まあ、運河輸送船で休めるってメリットはありますが)

で、自走やと往路でセビリア、リスボンで弾丸、短剣配送クエストが共にC3 22枚
復路がセビリア行きのインカローズかアムステルダム行きのジンジャー配送で前者はC4 19枚
後者はC4 22枚(イング、ネデ以外ならマルセイユ行きトゥンバガ配送のC3 24枚ってのも)

あくまで英(蘭)視点で商用大型クリッパーに850程度積載するとして復路はジンジャークエスト受けるとすればどちらも一度におおよそ37個購入できれカテの補填しながら交易が可能になるわけですが、
インカローズはともかく(宝石R20で英42個)トゥンバガは工芸品R20でも23~25個なのでトゥンバガであれば英、蘭だとC3が確実に減る事に。

しかし、インカローズの場合は往路でC3を消費しないので大雑把に言えばトゥンバガ1回:インカローズ2回程度の割合で運んでればちゃんと自前でカテ補填することが可能だったり。
(これ書いてる時点で条件満たすには英キャラで宝石R18工芸品R17【若干少なくとも殆ど補填可能】)

(とは言え24時間安定した購入可能、取引Rの敷居も低く、定期船使える香辛料のほうが万人向け
なのは間違いないだろうな~【そもそもトゥンバガ購入には中枢都市維持必須だし】)

【2009/01/08 01:24】 | 移転後
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。